スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
都会の朝日
- 2006/12/31(Sun) -
ビルの朝日

大晦日の今朝
今年最後の東京の朝日を撮りました。

ビルに映る太陽は東京らしい朝の風景です。

この記事のURL | 風景 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
冬に咲く花
- 2006/12/30(Sat) -
山茶花

この季節は花が少ないですね。
目だって元気に咲いているサザンカ

落ちた姿が椿とは違い
花びらがハラハラと散って、あたりをピンクに染めていました。

この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
夕陽が沈む
- 2006/12/29(Fri) -
夕日と船

また太陽が沈み、朝になれば陽が昇る
繰り返す一日も、暮れになれば貴重な1日です。

忙しい大晦日の一日が終わりを告げるころ
山に登り、頂上から新年の朝日を望む
雲海から顔を出す朝日を見てみたいものです。

海から昇る初日の出もいいけれど
まだ見ぬ、山の頂上から初日の出。

同じ朝日なら元旦じゃなくても良いのだけれど、
そんな元旦の朝日も、寒さに負けて
出かけたことは.....ありませぬ(^^;

新年は、あと2回太陽が沈み、昇るとやってくる。


同じ1日の繰り返しなのだけど。


来年も楽しい1年になりますように!



この記事のURL | お台場 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
来年の干支
- 2006/12/28(Thu) -
来年の干支
残すところ今年も3日で終わりですね。
来年の干支はイノシシ


お正月って楽しいですか?
子供はお年玉がもらえる楽しみがありますが
大人になって正月って、楽しいですか?

年賀状も書かなきゃ!大掃除もしなきゃ!
早く過ぎ去って欲しい、こんな時期です。



猪突猛進!まっしぐら!

今年は、あの景色が見たいと思えば、行ってみる。
あの花が、あそこで咲いてるから、行ってみたい。

カメラを持ってから、そんな気持ちで行動してました。
記憶に残る風景に出会い、1枚でもその思い出を残したい。

今年は写真を撮りに行くだけの目的で
遠くも、近郊にも、一人で旅をした年でした。

行ってみるまではチャレンジ精神だった一人旅
行ってみれば楽しくもあり、写真を撮る楽しさも
今までより多く感じる旅になっていました。

また来年も楽しく写真を撮ることができるように
健康に過ごせるようにしたいものです。



この記事のURL | 生活 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
海の宇宙船 HIMIKO
- 2006/12/27(Wed) -
お台場in HIMIKO

お台場でHIMIKOに出会いました。

海の宇宙船のようなメタリックボディー

HIMIKO(ヒミコ)は、松本零士氏がデザインを手がけた
未来型水上バスです。

この記事のURL | お台場 | CM(6) | TB(1) | ▲ top
名残の紅葉
- 2006/12/26(Tue) -
名残の紅葉

こんな時期に赤く燃える楓を見つけました。

クリスマスも間近い12月23日撮影
我が家のすぐ近くの公園にある紅葉です。

こんな時期、道の向こうからライトアップされた
赤く燃える紅葉に気がつき、撮影せずにはいられませんでした(^^;

こんな時期に盛りの紅葉なんて、今年は暖冬なんですね!

この記事のURL | 自然 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
自由の女神
- 2006/12/25(Mon) -
夕暮れの自由の女神

お台場海浜公園のデッキにある
夕陽の女神像

台座とあわせて27mの高さで
見上げるとかなりの存在感があります。

お台場 自由の女神

お台場海浜公園につながる台場地区のデッキ上にある広場。

海に向かってまっすぐのびる眺望のひらけた空間は、
自由の女神・炎、レインボーブリッジ、
東京タワーを望むことができます。

見上げた女神は細身に見えていたのに、
見下ろすと少々太り気味に見えてしまいます(^^;

この記事のURL | お台場 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
メリークリスマス
- 2006/12/24(Sun) -
虹の架け橋

今日は☆クリスマスイブ☆

お台場から見るレインボーブリッジ
海越しに見る東京の夜景は最大のイルミネーションです。

今夜こんな景色を楽しめないあなたへ
私からのプレゼント♪クリックで拡大しますよ~。



この記事のURL | お台場 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
お台場 in Xmas
- 2006/12/22(Fri) -
明石さんまプロデュースツリー

今年のクリスマスイブは日曜
イブを1日楽しむには、やっぱりお台場!

遠くから、週末にお台場にやってくるカップルも多いことでしょう!

お台場を知るにはお台場デートナビが便利です。
広いお台場を楽しむためには、下調べして出かけましょう~!!

ゆりかもめ1日乗車券 800円
ゆりかもめ、お台場区間のりんかい線、水上バス乗り放題セットが900円!
こんなチケットを買って1日楽しく遊びましょ~。


お台場のフジTV 前にある巨大なツリー
フジTVだけあって、たくさんの人が集まるスポットです。


この記事のURL | お台場 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
TOKYO DOME CITYの冬の夜
- 2006/12/21(Thu) -
カップル

東京ドームの目の前にある
巨大な光のオブジェ

こんな光のアートを楽しむカップル



皆さん、クリスマスは何処でお過ごしですか?


この記事のURL | 夕焼け 夜景 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
夕日のシルエット
- 2006/12/20(Wed) -
夕焼けに願いを

沈む夕日に寄り添う二人のシルエット

夕日の撮影をしていたら、目の前にやってきたカップル
こんなロマンスの夕焼けも素敵だね☆

この記事のURL | お台場 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
カレッタ汐留
- 2006/12/19(Tue) -
ブルーの波

カレッタ汐留 イルミネーション
<期間>12/1(金)~25(月)

東儀秀樹氏のプロデュースのもと、
かつて海だった汐留地区にちなみ音と光で海を表現する
「Caretta OCEAN Xmas」を開催しています。

この記事のURL | 夕焼け 夜景 | CM(8) | TB(1) | ▲ top
ラクーアの光彩
- 2006/12/18(Mon) -
20061217090916.jpg

東京ドームシティーにある「ラクーア」
温泉やレストランなどが集まるこの場所に
巨大なドーム型のイルミネーションが光輝いています。

ラクーアルミナスタウン
点灯期間:~2007/1/31(水) 17:00~24:00
※12/25(月)までクリスマスバージョン、
それ以降はニューイヤーバージョン になります。

この記事のURL | 夕焼け 夜景 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
羽子板市
- 2006/12/17(Sun) -
羽子板

今年も残りわずかになりました。
年末恒例の福招き、羽子板市が今日17日より開催されています。

師走の17~19日に、浅草寺境内で開かれる羽子板市は
浅草の風物詩として有名です。

羽子板市の起源は、古くは「邪気を跳ね返す板」として
女の子の成長からを願う風習からきています。


この記事のURL | 生活 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
東京のイルミネーション
- 2006/12/16(Sat) -
ドームシティーのイルミ


ZEISSさんのブログで見た東京ドームシティーのイルミネーション
私も行ってみたくなり、撮影してきました。

一番素敵だなと思ってた、水面に映るツリーのライトアップ
人が入らない隙間を狙って☆パチリ☆
この記事のURL | 夕焼け 夜景 | CM(14) | TB(1) | ▲ top
歴史博物館
- 2006/12/15(Fri) -
正金銀行本店

旧横浜正金銀行本店

明治13年(1880)に貿易取引の決済業務と貿易金融を目的として横浜に設立された銀行です。

現在の建物は明治37年のもので,
昭和42年以来神奈川県立歴史博物館となっています。
この記事のURL | 建築物 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
垣根のお宅
- 2006/12/14(Thu) -
垣根の紅葉

♪垣根の垣根の曲がり角♪
みなさん、ご存知の歌「たきび」に出てくる「垣根」

これが、その垣根なんです。

何年かに一度は作り変えるために、垣根自体は新しいものです。


この記事のURL | 風景 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
晩秋の彩り
- 2006/12/13(Wed) -
石灯篭の落ち葉

本土寺の仁王門から正面にある本堂

その本堂にある石灯篭
落ち葉がカンザシ、バックには赤い色彩

う~ん!完璧♪
でも、惜しいんじゃない?もう少し下まで撮れば、
その窓からも紅葉が見えてたよ~(^^;

PCの画面で見て気がついた事実

これを撮ってるときには、頭のカンザシとバックに目が行って
その窓には気がついていませんでした~。



この記事のURL | 自然 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
秋のラストショー
- 2006/12/12(Tue) -
秋の終宴

本土寺の紅葉 

この本土寺に訪れた前日は、雨でした。
雨で濡れた紅葉は重たくなり、木から落ちる。

自然に枯れて落ちる色ではなく、
鮮やかな赤や黄色のジュータンを見ることができました。

落ちてもなお、美しい。秋の終わりを感じます。



この記事のURL | 自然 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
本土寺の紅葉
- 2006/12/11(Mon) -
格子窓

千葉県松戸市にある 長谷山 本土寺

1万坪の起伏に富んだ地形と
楓の古木が織り成す秋の趣きある寺です。

この寺で一番気に入った、風情ある格子の枠から見る紅葉

この枠は、本堂につながる回廊の窓枠です。




この記事のURL | 自然 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
錦秋の本土寺 
- 2006/12/10(Sun) -
瑞凰門

千葉県松戸市にある 本土寺

アジサイの寺としても有名な寺です。

晩秋の本土寺は、感動の紅葉寺でした。




この記事のURL | 風景 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
横浜三塔物語
- 2006/12/09(Sat) -
大桟橋

大桟橋から見る横浜
キング、クイーン、ジャックの文字があります。

神奈川県庁(通称:キング)
横浜税関(通称:クイーン)
横浜市開港記念会館(通称:ジャック)

開港以来、横浜のシンボルとなっている3つの歴史的建造物
これが横浜三塔です。

この横浜三塔を撮影してきました。


この記事のURL | 建築物 | CM(8) | TB(1) | ▲ top
川越 時の鐘
- 2006/12/08(Fri) -
川越の蔵の町にある「時の鐘」

江戸の景観を受け継ぐ重要な歴史的遺産として
「時の鐘」をはじめとするこの一番街周辺は
平成11年12月1日に
重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

時を越えて

この記事のURL | 建築物 | CM(6) | TB(1) | ▲ top
小江戸川越 蔵の町
- 2006/12/07(Thu) -
小江戸川越

川越にある蔵の町並み


まるでタイムスリップしてしまったかの様な感覚になる
蔵造りの建物が立ち並ぶ町並みがここにはあります。


時代を超えて残る蔵は、商店街になっています。

この記事のURL | 建築物 | CM(8) | TB(1) | ▲ top
深大寺 紅葉
- 2006/12/06(Wed) -
深大寺

深大寺の紅葉

住所:東京都調布市深大寺元町5-15-1
アクセス:JR中央本線「吉祥寺駅」から
     「深大寺行」のバス約25分「深大寺」下車


秋バラの季節に訪れて、紅葉の寺も見てみたいと
12月2日(土)に訪れてみました。


この記事のURL | 自然 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
深大寺散策
- 2006/12/05(Tue) -
池の水鏡

都内の紅葉 

深大寺付近で素晴らしい紅葉に出会いました。

まだ観光客の少ない時間帯に見つけた

深大寺山門前の池に映る、鮮やかな紅葉です。



この記事のURL | 自然 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
気分は京都♪
- 2006/12/04(Mon) -
紅葉回廊

そうだ!京都に行こう!

な~んて思っても、京都は近くない。

思い立って飛び乗ったのは新幹線

ではなく西武線

終点で降りて地図を片手に、目指す紅葉の寺

小京都ではなく小江戸(こえど)川越の喜多院です。

う~ん。気分は京都!

のはずが、紅葉のピークは1週間前だったようです(^^;

この記事のURL | 風景 | CM(16) | TB(0) | ▲ top
公園の野鳥
- 2006/12/03(Sun) -
かも~ん

井の頭公園のカモ
紅葉の落ち葉に優雅に泳いでるよ~(^^

井の頭公園にはいろいろな鳥ちゃんがいます。
詳しくないので不明な鳥がいっぱい(^^;

えっ!これって?海にいる鳥?なんて思うのも。。。

この記事のURL | 自然 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
里の秋
- 2006/12/02(Sat) -
20061128122413.jpg

今週になって使ってるPCがダウンしたために、
ただ今メンテナンス中です。

今日撮影した新しい写真のアップもできません。
ネット生活もPCが不調になると、なんだか不安になります。

早く復活しないかな~なんて(^^;
自分ではどうしようもなくなり、他力本願な私

壊れかけの古いPCをたたき起こして使ってる
不安な日々です。ふ~~虫の息のPCより。
この記事のURL | 風景 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
白糸の滝
- 2006/12/01(Fri) -
20061128122448.jpg

長野県軽井沢にある 白糸の滝

高さ約3m、幅約70mあって、
苔むした岩肌に数百条もの白い滝が流れる
白い絹糸のカーテンのようでとっても優美な滝です。

さすがに有名な滝は観光客が多かったです。


この記事のURL | 自然 | CM(20) | TB(1) | ▲ top
コメント

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。