2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
会津駒ケ岳 ②
- 2009/10/09(Fri) -
駒ケ岳山頂から草紅葉真っ盛りの中門岳へ 

木道を歩く
                       
10月4日に行った会津駒ケ岳 ①の続きです。

駒ケ岳山頂から少し下って中門岳へ向かう・・・振り返ると草紅葉が眩しい~!


標高2000mを超える場所に、こんなに広大な高層湿原が広がってました。

湿原には多くの池糖も点在してます。



駒の池到着して休憩もせず、駒ヶ岳へ向かいます。

池の周りに残ってた わずかな紅葉の彩りです
駒ケ岳山頂へ向かう
駒ケ岳方面は半分曇り空・・・ちょっと心配な雲行きです。


秋雨前線真っ最中の晴れ間に訪れたこの日

すっきりとした秋晴れとは空気が違うようで、遠景はもや~っと霞んでました。


                                             ↓このあたりに薄っすらと燧ケ岳
頂上直下より眼下の展望駒の小屋を見下ろす


駒の池から木道を歩いて15分ほど 8時25分 駒ケ岳山頂へ到着

プチ乾杯 & 珍しく記念写真を撮ったりして♪

 

このあと登ってきたグループの一人がこの会津駒ケ岳登頂で
100名山達成~!という記念の登山というご婦人でした。

            そうか~、ここも100名山だったのね♪


山頂を後に中門岳へと・・・延々と続く草紅葉の木道を一旦下ります。 雲が沸いてきました。
       延々と続く

   延々~と続く細い木道歩き

ラクチンに思えたこの道が・・・

前日の雨で濡れてて 滑るんです!何度もツルリンと  


おかげで足元を見てばかり・・・写真が少ないのはそのせい?かしら~
あの丘まで
広大な高層湿原が広がる天空の別天地
尾瀬と違うのは500m以上も標高が高いことと、観光気分で簡単にこの場所に来れないこと?でしょうか?
 
点在する池糖も多いです。
池糖



9時05分、中門岳(このあたり一帯を言うらしいです)に到着した頃はすっかり曇り空
どんより曇り空です 9時10分 曇り

とりあえずザックを降ろし、この先を一周して戻ることにします。


冴えない空では写欲もなくなりますが、わずかに残った青空を池糖に映しこんだりして・・・
ちょっぴり残ってる青空わずかな青空


ところが・・・
 



中門岳に戻ってくると!中門池は・・・





すご~い  こんな青空に  


9時35分 快晴

嬉しい~!全く違う景色に見えます~  

 今回も~ 晴れの女神様が微笑んでくれました~♪ 

あまりにも美しい風景に感動して、何枚も何枚も撮って・・・離れがたい場所でした。


駒の池 8:05 駒ケ岳頂上8:25乾杯= 中門池 9:05 ~ 一周して中門岳9:25 撮影タイム 9:40発

                    ~~~会津駒ケ岳 ③に続く~~~

関連記事
この記事のURL | 登山&山風景 | CM(8) | ▲ top
<<冠雪の富士山 | メイン | 会津駒ケ岳 ①>>
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
コメント
- -

カルネさん、こんにちは。

すごいですね・・・いいなぁ山は・・・とてもの事登ろうという気力がないですので、こうして写真を羨ましく眺めるだけです!
それにしてもいいですねv-10v-10v-10
2009/10/10 13:55  | URL | wisteria #lWzWikrg[ 編集] |  ▲ top

- 中門岳 -

良いですね~
中門岳付近の草紅葉~。
そして、天空の楽園へ行った帰りの中門岳の青空~
神様がくれた、カルネさんへのご褒美ですね~。
一枚目の写真も良いです。
中門岳は木道歩きで楽に見えますが、距離もあるので人が少ない良い所です。
カルネさん、Good Job~です。
2009/10/10 17:57  | URL | やまとそば #g6FRH5K2[ 編集] |  ▲ top

- wisteriaさんへ -

wisteriaさん、こんばんは!

数年前までは、まさか自分が山登りするとは想像もできないほどでした
なのに、一旦そのすばらしい自然に触れたとき・・・
素晴らしい展望に出会えたとき・・・
季節感あふれる植物に出会ったとき・・・
その季節にしか味わえない大自然の色
それを見たい!と・・・山登りに嵌まってしまった訳で

今回もまさかこんなに広い湿原が広がってるとは知らず
いざ登ってみたら、今までの苦労もなんのその!
筋肉痛もなんのその!
やっぱり努力して汗をかいて、自分の足で登って見た景色は
数倍も感動を与えてくれるものだなぁ~と感じます♪
2009/10/10 19:42  | URL | カルネ>wisteriaさん #VhNaT.1s[ 編集] |  ▲ top

- やまとそばさんへ -

>神様がくれた、カルネさんへのご褒美ですね~。
本当に~嬉しい青空でした!
このまま曇り空だったら・・・感動も半減しそうなところ
やっぱり青空は嬉しいものです♪
駒ケ岳経由~中門岳へ1時間もかかるほど広いことに驚きました。
もっと風景を楽しみながら歩きたかったのに・・・
木道は滑る!すべる!って私だけ滑ってた現実(^へ^:

>一枚目の写真も良いです。
ありがとうございます♪
逆光で色は出ませんが、キラキラと草紅葉が光ってて綺麗でした^^
あえてトップ採用になりました(^^v
2009/10/10 19:52  | URL | カルネ> やまとそばさん #VhNaT.1s[ 編集] |  ▲ top

- これは凄い! -

尾瀬と違って気楽に行ける場所ではないからこそですね。
会津駒の素晴らしさは桧枝岐の宿でも聞いていて、宿のご主人も
「是非登って欲しい」と言っていました。
来年は燧ケ岳と会津駒・・・登っちゃおうかな?

今日は遠出をする気になって昨夜支度をしました。
家を出る前に高速道路の渋滞情報を見て、その考えが変わりました。
駐車場と化した道路に車を乗り入れるような馬鹿げた真似はしたくないからねぇ。
2009/10/11 07:56  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- 逆光 -

 山の強い日差しで逆光は撮影がむずかしいですね。
2009/10/11 08:36  | URL | ぴょんた #e.JeLJkw[ 編集] |  ▲ top

- ZEISSさんさんへ -

>宿のご主人も 「是非登って欲しい」と言っていました。
そうでしたか~^^
尾瀬のように誰でも気軽にとは言えない場所ですが
ここは実際に登ってみないと分からないほど広い湿原が広がってます。
雪解けから夏の花畑も見事なようです♪

>来年は燧ケ岳と会津駒・・・登っちゃおうかな?
是非!是非♪
今回は日帰りのため燧ケ岳に登ることができませんでしたが
次回は私もチャレンジしたいと思ってます。

2009/10/11 20:56  | URL | カルネ> ZEISSさん #VhNaT.1s[ 編集] |  ▲ top

- ぴょんたさん、ようこそ♪ -

はじめまして・・・ですね♪ ようこそ^^
秋田にも駒ケ岳 ありますね。
梅雨時には一面のチングルマが咲くそうで・・・
一度訪れてみたい山です♪

>逆光は撮影がむずかしいですね。
見た目の色合いやキラキラを撮るのは難しいです!
でも、逆光だからこその雰囲気もありですよ~。
1枚目はコンデジ撮影ですが、結構気に入ってます(^^v 
2009/10/11 21:00  | URL | カルネ>ぴょんたさん #VhNaT.1s[ 編集] |  ▲ top


| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。