2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
中止の滝へ
- 2009/11/22(Sun) -
御巣鷹山の麓に・・・流れ落ちる滝

名もない滝

御巣鷹山・・・1985年 8月 12日 日航ジャンボ機が墜落したあの山の尾根 

その御巣鷹山が群馬県上野村と長野県の境にある。


今回、上野村へ初めて訪れ「中止の滝」の看板に引き寄せられ

上野村の最奥地にある、その滝を訪れました。


                       注: この滝は「中止の滝」ではありません!

 
中止の滝を目指して進むも・・・上野村の際奥地に位置する中止の滝までは、かなり遠い道のりでした。

運良く3台ほど止められる駐車場に車を止めると

看板には 中止の滝(ちゅうしのたき)100m とあり

100mなら楽勝~♪ 

な~んて思い、待ってるから行ってきて!という空さんを無理やり誘い・・・



駐車場からすぐに轟音を立てて流れ落ちていたのがトップの滝!


ここで出会ったカメラを持った一組のカップルに「まだ太陽光は届いてましたか?」と聞くと

「滝壷は日陰ですが上のほうだけはまだ光が届いてますよ」とのこと♪

「ただ・・・かなりハードです・・・ロープとか梯子とか手摺りがありますが大変です」とのこと。


晩秋の雑木林

ここからは雑木林を一気に標高を上げる急登の細い登山道!



ひたすらロープを頼りに、梯子を上り手摺りを頼りに登ること15分ほど・・・

登山をする私には何とかなる道でも・・・同行してくれた空さんは登山をしないので結構きつかったのでは・・・と。


          どこが100mやねん! 標高差かしら?と疑問が。。。



で・・・・その中止の滝にやっとご対面~♪となったわけです!

見上げれば・・・見上げれば・・・

う~ん、寂しいなぁ~標高が上がっただけ紅葉ももう終わってるし・・・水の量が少ないわぁ~!

では滝壺のほうを狙ってみましょう~っと。。。

こんなんです~ 中止の滝

せめて隣の小さな流れまで入れて・・・っと。

隣の・・・

一般観光では見ることができない(危険なルートの為)滝ですが・・・冬には氷瀑になるようです。


            かなり苦労して登った割には・・・トホホな結果でした(><)! 

関連記事
この記事のURL | 自然 | CM(8) | ▲ top
<<平林寺の紅葉 1 | メイン | 川の流れに>>
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
コメント
- ですよね~ -

私は昨年の秋訪れましたが、苦労して登った割には・・・
滝を見て、思わず「えっ?これだけ???」と呟いてしまいました。

その昔、何かの調査でお役人が登って、あまりの美しさに「今日の
作業は中止じゃ」と言ったことからその名がついたとか。
う~む・・・私は「滝まで100M」という看板は見なかったので、まだ
救われた方かな?
2009/11/23 00:50  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- ZEISS さんへ -

>私は昨年の秋訪れましたが
そうでしたよね~そのときの記事を読んでたはずなのに
苦労して登った滝の名前までは覚えてませんでした(><)

ZEISSさんが訪れたときは駐車場までも数キロ歩いたとか
それだけでも大変なのに、ここの登りは危険が伴うほど急ですよね!
尾白川渓谷の滝めぐりもすごいところがありましたが
それ以上でした。

>・私は「滝まで100M」という看板は見なかったので
私も勝手に滝まで100mだと思いました。
でも看板には 中止の滝 100m とだけ書いてあって
滝までの距離なのか標高差なのか疑問でした。

でも、なかなか見ることができない滝を見たのですから
良しとしましょう~♪
2009/11/23 09:06  | URL | カルネ>ZEISS さん #VhNaT.1s[ 編集] |  ▲ top

- -

ほんと、この滝は一生の思い出となる滝でしょう(*^^*)

事故も無く行ってこれたのは、皆さん、注意集中して登るからなんでしょうね。
私は、ここでは死にたくないぞって、かなり真剣になっていました。
落ち葉が乾いていたので、ZEISSさんのときほど滑らなかったかもしれませんね^^

2009/11/23 18:12  | URL | 空 #bJjdaMh2[ 編集] |  ▲ top

- 空さんへ -

この日最後の撮影ポイントでしたが・・・
デンジャラスでしたね~貴重な体験と言うしかないです!
普通の山登りでもこれほどの登りは滅多にない危険なルートでした。
そんな体験をして目の前にチョロチョロ~の滝じゃね~
話のネタとしては最高の経験だったかな~(^^;

この日はお付き合いありがとうございました♪

2009/11/23 20:36  | URL | カルネ>空 さん #VhNaT.1s[ 編集] |  ▲ top

- -

こんばんは~♪
「中止の滝」...まぁ、なんとも奇妙な名前(^^;)
御巣鷹山は、こんなに深い山だったのですね。
いろいろなことを考えてしまいます...

あの事故の翌朝、駆け出しの報道カメラマンだった友人が現場へへりで向かいました。
まさに地獄絵だったとか。。。
そんな場所であっても、時とともに木々は育ち、水は絶えることなく流れ、葉っぱは色づく。
決して留まることのない自然の力、営みというものを改めて実感してしまいます。
2009/11/23 23:49  | URL | ベルニナ #-[ 編集] |  ▲ top

- -

ちゅうしのたき、と読むとは思いませんでした^^;
なかどめのたき、とかそんなかなぁって・・・
ZEISSさんのコメントに書かれていた名前の由来を拝見しましたが、
ん~やっぱお写真を拝見すると、
え?これが?さびしいなぁっていう感じですね。
紅葉ピークだったらもう少し違ったのかしら♪
ロープに梯子もあり~のデンジャラスな滝だったのですね~。
いい話のネタにはなりましたねぇ。
無事戻ってこられてよかったね、空さん。。。と思わず呟いてしまった^^;

神流川に映る紅葉景色も、堪能させていただきました♪
父の田舎からは、車で30分もかからずに行けるところだったと記憶していますが
こんなに紅葉がきれいなところだとは知りませんでした。
夏とか冬に行く事が多かったので、秋に行ったことはなかったのかな~(^_^;)

2009/11/24 17:52  | URL | かぷちーの #rIG/kuhY[ 編集] |  ▲ top

- ベルニナさんへ -

ベルニナさん、こんばんは!

あの事故からもう20年以上経つのですね。
お盆休みの最中でTVに釘付けになって見ていたことを
今でも鮮明に覚えてます。

報道カメラマンも大変な事故でお盆休み返上だったのでしょうね。
群馬と長野の境にある山とは聞いてましたが
上野村を訪れて御巣鷹山の看板を見たら思い出しました。
あの事故の跡にも木々が生い茂ってることでしょうね。
2009/11/24 22:56  | URL | カルネ>ベルニナさん #VhNaT.1s[ 編集] |  ▲ top

- かぷちーの さんへ -

>ちゅうしのたき、と読むとは思いませんでした^^;
私もです!なかどめのたき!そう読んでました。
そうそう、この滝の由来はZEISSさんが書いたように
看板に解説がありました。
春ならもっと水量があるのかもしれませんが
ちょっと寂しかったです。
しかも空さんにはちょっと無理させちゃって・・・反省しちゃいました(^^;

>父の田舎からは、車で30分もかからずに行けるところだったと
かぷちーのさんの実家から近いですね。
このあたりを走ってたら、どこか秋山郷に近いなぁ~と感じるほど
自然たっぷりの山に囲まれた村でした。
2009/11/24 23:14  | URL | カルネ>かぷちーの さん #VhNaT.1s[ 編集] |  ▲ top


| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。