2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
雨の乳頭温泉郷
- 2006/05/27(Sat) -
乳頭温泉郷 鶴の湯


秋田の秘湯 乳頭温泉郷 鶴の湯

ここに着いたときは、本降りの雨の中
傘をさしながらの撮影です。

平日の雨の日とあって、人も少なく
秘湯の雰囲気が充分に味わえる宿でした。




白濁の湯

有名な乳白色の湯
ここは混浴の風呂で、タイミングよく
誰も入っていない露天風呂の撮影ができました。

雨でもなければ、是非入ってみたかったのですが、
入浴もせず、冷たい雨の中ふるえながら撮影

この付近にはまだ残雪がたくさん残っていて
このときの気温は10℃以下でした。

私のデジカメは寒冷地に対応できないようで、
なかなかシャッターが切れず、ようやく1枚☆カシャ!

このあと撮ろうとしたら、オジサンが入ってきてしまいました。
1枚でも撮れて良かった~!

雰囲気のある古い湯治場


トップの写真の右側にある湯治棟
古い建物が雨に濡れてひっそりと、いい雰囲気でした。

雨に曇る乳頭温泉郷


水車の前から山を見る
山に囲まれた1件宿 雨に霞む山の景色もこの宿の魅力です。

火の見やぐら


水車の前にある、火の見やぐら
古いままその姿を残している、
使われなくてもまた風景に溶け込み、味のあるものです。

雨の宿


門を入って左手にある一般客用の宿泊棟
とても立派な客室とは言えないが
古びた座敷の部屋、それがここの良さとして人気なのです。

この鶴の湯は乳頭温泉郷として一番有名な1件宿です。
この雰囲気を味わうには、連休とか週末ではなく、
平日ののんびりした空気を味わいに訪れたい温泉でした。
関連記事
この記事のURL | みちのく旅情 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<残雪のブナ林 | メイン | 雲の上>>
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
コメント
- -

掘られた温泉が増えてきた今日この頃・・・
こんな風に自然に湧き出す温泉の価値は下がりませんね(^^)
時代劇のセットに出てきそうな建物ばかり。
この温泉のパンフレットに使いたいような写真ばかりですね。
霧と雨と濡れた建物の雰囲気が伝わってきます。
2006/05/27 14:07  | URL | 狛犬 #-[ 編集] |  ▲ top

- 狛犬さんへ -

本当に時代劇のセットのようでした。
雨だからこそ、お客さんも少なく
ふわ~っとしたのどかな雰囲気だったと思います。

ここが人気になって、近くに別館もできたのですが、
新しく出来たほうは全く雰囲気がなく、
通り過ぎてしまいました。
秘湯を味わうにはやはり、ここのほうがいいです。
タイムトリップできますよ。
2006/05/27 16:53  | URL | カルネ #VhNaT.1s[ 編集] |  ▲ top

- 雨が似合うなあ -

カルネさん、こんばんわ。
こりゃまた趣のある良いところですね。
カルネさんには済みませんが、この場所は雨が
よく似合いそうです。乳頭温泉って、十和田湖の
近くでしたっけ。いいところだなあ・・・
2006/05/27 23:04  | URL | GON #HKJnITgI[ 編集] |  ▲ top

- こんばんは♪ -

気持ちよさそうな露天風呂ですね。
映画の場面にでてくるような風景でステキ♪
いい旅ができてよかったですね。(*^_^*)
2006/05/28 00:24  | URL | fuul #t50BOgd.[ 編集] |  ▲ top

- GONさんへ -

>乳頭温泉って、十和田湖の近くでしたっけ。

いや、近くにあるのは田沢湖です。
写真を見て、雨だから良かったのだと私も思いました(^^)
秋田空港から初日は角館、田沢湖、乳頭温泉郷をまわり
2日目に十和田湖、奥入瀬をまわりました。
写真は1箇所ずつ紹介してみるつもりです。

スライドショーで見れるアルバムも作りましたので、
近く、リンクを張る予定です。
2006/05/28 07:38  | URL | カルネ #VhNaT.1s[ 編集] |  ▲ top

- fuulさんへ -

できることなら、ここに1泊して温泉にのんびり入りたかったのですが、予算の関係で宿泊はビジネスホテルでした。
目的は写真をたくさん撮ることだったので、
風景を満喫した楽しい旅でした。

長い道のりで車窓から見たたくさんの知らない花
気になる~何の花?そんな花も折り混ぜて紹介してみます。
2006/05/28 07:46  | URL | カルネ #VhNaT.1s[ 編集] |  ▲ top


トラックバック
トラックバックURL
→http://karune.blog46.fc2.com/tb.php/143-7ff29295
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。