FC2ブログ
2019 12 ≪  01月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 02
ビーチの朝焼け
- 2006/07/27(Thu) -
バリの朝日

 
早起きしてみると
地元の子供たちがたくさん朝日を見に集まっていた。

バリのサヌールビーチの朝焼け

ホテルの目の前に広がる風景です。


左奥に見える山はバリの聖なる山 アグン山

バリで最も高く、また聖なる山として知られる
アグン山は標高3100メートル以上ある。

バリの人々はこのアグン山が世界の中心だと信じている。
バリにある全ての寺院はアグン山に向って建てられています。


神が宿る島 バリ島







関連記事
この記事のURL | 風景 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<山に咲く花火 | メイン | 突然の訪問者>>
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
コメント
- -

時間で言うと何時ごろなんでしょうか?
海から上がる太陽
海なし県の山梨では
お目にかかることもできません。

波の様子から、子供たちの動きまで
手に取る様に感じることができます(^^)
いい写真をありがとうございます。
2006/07/27 20:01  | URL | 狛犬 #-[ 編集] |  ▲ top

- 狛犬さんへ -

>時間で言うと何時ごろなんでしょうか?
確か6時過ぎだった記憶です(^^;
朝焼けを撮ろうと早起きのつもりが時差ボケで、
まだ暗い時間に起きて二度寝しました。

バリの子供たちは早起きです。
午前中に働いても、午後はのんびりお休みしてる人が多いようでした。

2006/07/28 07:26  | URL | カルネ>狛犬さん #VhNaT.1s[ 編集] |  ▲ top

- おはようございます -

ここの子供たちって純真なんですねえ・・・驚きました。日本の子供だったら朝日なんか見るより寝てたほうがいいとなるんでしょうかね・・・写真的にも絵はがき風で素敵ですよ。
2006/07/28 09:35  | URL | イチヤン #-[ 編集] |  ▲ top

- イチヤンさんへ -

>ここの子供たちって純真なんですねえ
信仰心の深いこの島の人々は
朝日にも神が宿ると考えているのでしょうね。

朝日が昇ると今までたくさんいた子供たちは
徐々にどこかへ消えてしまいます。
2006/07/28 12:24  | URL | カルネ>イチヤンさん #VhNaT.1s[ 編集] |  ▲ top

- はじめまして! -

takebonさんのブログから飛んできました!
この夕焼け空を見て、日本の夕焼け空の色とは違うなーと
思ったら、やはりそうでした。(笑)
バリは、私も一度行った事がありますが、サンセットディナークルーズで
綺麗な夕陽を見ましたよ。v-482
懐かしい思い出が蘇りました♪
2006/07/28 20:06  | URL | メグ #-[ 編集] |  ▲ top

- メグさん ようこそ! -

>この夕焼け空を見て、日本の夕焼け空の色とは違うなーと
あっ!これはサヌールビーチなので朝焼けなんですよ(^^;
夕焼けはクタビーチで見たのでしょうか?
私もサンセットクルーズじゃなかったけど
夕日を見に行きました。

ビーチの夕日は他の景色がなければどこのビーチも同じに見えてしまいますね。

この色はフィルターをかけていますので、
実際より色は濃く撮れています(^^;
2006/07/28 20:23  | URL | カルネ>メグさん #VhNaT.1s[ 編集] |  ▲ top

- はじめまして -

ららです。よろしく。
ららのブログにはリンク張っていて、いつも遊びに来ているので、はじめてかどうかわかりません。
素敵な光の色ですね
このような神秘的な色に染まるなら、寝ていては勿体ないです。

このフォトを見ているとほんとに癒されます。ありがとうございました
2006/07/30 22:00  | URL | らら #1wIl0x2Y[ 編集] |  ▲ top

- ららさん ようこそ! -

>素敵な光の色ですね
このような神秘的な色に染まるなら...

これは実際に見た色ではなく
フィルターを使用しています。
ちょっと派手めに表現されていますが
そんな裏の手もありです(^^;

私のブログをリンクしていただいてるんですね(^。^)
ありがとうございます。
2006/07/30 22:37  | URL | カルネ>ららさん #VhNaT.1s[ 編集] |  ▲ top


トラックバック
トラックバックURL
→http://karune.blog46.fc2.com/tb.php/209-1fdfdeb2
| メイン |