2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
白馬大池の眺望
- 2006/10/01(Sun) -
大池山荘

栂池自然園から標高差400m以上を登り
こんな神秘的な白馬大池の景色に出会うことができます。

こんな風景に出会えて良かった。
夏からの想いがかなった瞬間でした。


早起きしないと見ることができない、こんな風景
この景色を見るための今回の計画でした。

わずかな時間で雲が沸き、山の景色を隠してしまう

栂池自然園の山荘から、目的の白馬大池まで2時間半
この景色を見るために、早起きして
登ってみました。

中央右側の赤い小屋が大池山荘です。
短い夏場だけの営業なので、この時期は閉鎖しています。

ここからは白馬岳まで見晴らしのいい
縦走ルートになります。

次回はこの山小屋に泊まって白馬岳まで行ってみたいな~!



マップ


マップのコースルートを参照してください。

このあと、白馬大池の紅葉3枚掲載しています。




9月29日朝5時半に栂池山荘を出発です。
山荘の朝ごはんは弁当にしていただきました。

白馬大池の紅葉

目的地は白馬大池
ここに到着したのは8時ちょうど
2時間半の登りでした。

白馬乗鞍岳から白馬大池を見下ろす
青空が反射して青い水の色が神秘的です。

この景色を見ながら朝食の弁当をいただきました。

至福のひととき。
この景色、独り占め!


 白馬大池

青空も、ほんの一瞬で沸いてくる雲に覆われてしまいます。
あと30分遅かったら、こんな青空の風景は
かき消されていたようです。

カラフルな色合い

ハイマツの緑に黄色と赤のコントラスト
なんとも素敵な紅葉絵巻です。

この先は白馬岳へと続きます。

あ~あそこまで、行ってみたかったな~(^^)

関連記事
この記事のURL | 栂池高原 | CM(14) | TB(0) | ▲ top
<<紅葉と山風景 | メイン | 標高2000mの紅葉>>
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
コメント
- こんばんは♪ -

「絶景」としか表現のしようがない眺めですね。
多分、軟弱者の私には拝むことができない眺めかも・・・
八方池まで歩くのが一杯一杯の私ですから(笑)

>2時間半の登りでした。
あれ~、結構なペースじゃないですか?
ルートマップでは、もう少し時間が必要なようですが・・・
標高差400mかぁ、(´ヘ`;) う~ん・・・
心身を鍛えて来年チャレンジしてみようかな。
こんな眺めが待っているのなら。

素敵な風景を見せていただき、ありがとうございました。
心が洗われました♪
2006/10/01 23:03  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- -

素晴らしいの一言に尽きる景色ですね~。
想いが叶ったようでおめでとうございます^^

しかも天候にも恵まれて大池の青と紅葉の黄色、
赤色のコントラストが本当に綺麗です。
私もいつかこんな風景を見に行ってみたいですね。
2006/10/01 23:45  | URL | takebon #-[ 編集] |  ▲ top

- ZEISSさんへ -

絶景でしたよ(^^v
登ってきた苦労もこの景色を見れば吹っ飛びます。
本当に、心が洗われました♪

ここまで来て山小屋に泊まれればもっとのんびりできるのにな.....。
次は...きっと、ね(^。^)


>ルートマップでは、もう少し時間が必要なようですが・・・
乗鞍岳の頂上に7:40着でほとんどコースタイムと同じでした。
山小屋まで行ったわけではなく、頂上から眺めのいい場所(後半の3枚を撮った場所)で引き返したもので(^^;
2006/10/02 07:35  | URL | カルネ>ZEISSさん #VhNaT.1s[ 編集] |  ▲ top

- takebonさんへ -

>しかも天候にも恵まれて
山の天気は朝が勝負!8時に着いて見れたこんな青空もこのあとすぐに、
白いガスで消させてしまうんです。

ここは雲の上の青空で、自然園は雲の下なんですよ(^^v

写真を撮るためにここまで登ってきて、こんな景色を見て、撮って癒されてきました。
でも、筋肉痛のお土産付です(^^;
2006/10/02 07:44  | URL | カルネ> takebonさん #VhNaT.1s[ 編集] |  ▲ top

- -

素晴らしい景観ですね、池と紅葉何ともいえませんね・・・今が最高潮なんですかぁ?
2006/10/02 09:46  | URL | イチヤン #-[ 編集] |  ▲ top

- イチヤンさんへ -

この紅葉は標高2400mぐらいの場所で
これがピークなのか?もう少し染まるのか?分かりません(^^;
少し下の天狗原は、これからもう少し先が見ごろのようです。
2006/10/02 12:48  | URL | カルネ>イチヤンさん #VhNaT.1s[ 編集] |  ▲ top

- すばらしいですね! -

少し足をのばすとこんなすばらしい風景に出会えるのですね。
今は叶いませんが、あと数年したら行けるようになるかも。
それまでカルネさんのブログで楽しませてもらいます♪
2006/10/02 15:18  | URL | fuul #t50BOgd.[ 編集] |  ▲ top

- fuulさんへ -

想像していたより素敵な景色でしたよ~(^^v
行ってみたい...そう思って計画した旅
少し勇気を出せば、一人でもここまで行けるんだな~と。
今まではツアーで行っていたけど、写真をゆっくり撮るなら
個人旅行がいいですね(^。^)v
2006/10/02 18:04  | URL | カルネ>fuulさん #VhNaT.1s[ 編集] |  ▲ top

- -

相変わらずカルネさんの
晴れ女ぶりが炸裂してますね(^^)
空の青、紅葉の赤と黄色
そして緑
こんなに美しい風景を作ってくれる
自然の力に感謝。
そしてそれを見せてくれる
カルネさんに感謝です。
2006/10/02 19:07  | URL | 狛犬 #-[ 編集] |  ▲ top

- 狛犬さんへ -

>こんなに美しい風景を作ってくれる自然の力に感謝。
本当にそうですね。実際に見ると感動しますよ(^^v

>晴れ女ぶりが炸裂してますね(^^)
なんだかラッキーな天気でした。
私が苦労して登ったときは、こんな青空
朝のロープウェイで登った人や、
山荘で朝食を食べて出た人には見れない青空だったのですよ。
今週は秋雨前線と台風接近で荒れ模様の天気になるみたいですね(^^;
2006/10/02 19:41  | URL | カルネ>狛犬さん #VhNaT.1s[ 編集] |  ▲ top

- コメントありがとうございました。 -

コメントありがとうございました。白馬大池の写真すばらしかったですね。ちょうど同じころ登ったのにお天気の加減で山は残念ながら見えませんでした。
カルネさんの写真で同じ景色を見たような感激をおぼえましたよ。

白馬は初冠雪でした。
またお邪魔しますね。良かったらまたコメント待ちしています。
2006/10/09 14:23  | URL | yoshiko777 #-[ 編集] |  ▲ top

- yoshikoさんへ -

初めて白馬大池まで行って見てきた景色は
一言では言い表せないぐらい素晴らしかったです。
写真はその一瞬を残せるからいいですね(^^v
どんなに言葉で表現しても一枚の写真にはかなわないものです。
そんな、たくさんの写真を掲載してみました。

とにかく天気によっては全く見晴らしがないのも多い山登り
こんな景色が見れると、また登ってみたくなります。あ~山はいいな~最高の癒しでした(^。^v
2006/10/09 20:13  | URL | カルネ> yoshikoさん #VhNaT.1s[ 編集] |  ▲ top

- 白馬岳までの縦走コースも良いですよ(^^) -

日帰りでも行けちゃうんですが、
写真を撮りながら、景色や、足元の花を見ながら
行くと1泊2日でいきたいコースです。

梅雨の晴れ間を狙って行くと、ウルップソウが咲いていたり
雪もまだいっぱい残っていたり、それは、キレイな
山行きを楽しめます(^^)
2007/01/26 23:17  | URL | なじ #-[ 編集] |  ▲ top

- なじさんへ -

>写真を撮りながら、景色や、足元の花を見ながら
行くと1泊2日でいきたいコースです。

今年はこの白馬大池が営業してるときに泊まって
白馬岳まで行ってみたいと思ってます。
まだ計画...希望です(^^v
この日は天気に恵まれて、楽しい山登り&紅葉でした。
あ~一人じゃもったいない風景だった!
ブログで皆にみてもらいたい、自己満足の写真です。
2007/01/27 21:00  | URL | カルネ>なじさん #VhNaT.1s[ 編集] |  ▲ top


トラックバック
トラックバックURL
→http://karune.blog46.fc2.com/tb.php/281-469b255a
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。