2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
千ヶ淵
- 2008/08/04(Mon) -
尾白川渓谷の滝めぐり その2

 千ヶ淵

尾白川渓谷の入り口とも言える 千ヶ淵

いく筋もの滝から集まる水はエメラルドグリーンです。

左奥にある迫力のある滝筋を見ることが出来ないのが残念です。

滝の音だけは迫力あるのですが、残念ながら見えるのはこれだけ!

手前の踏み石を渡り、対岸へ行けば
左脇の豪快な滝筋を見ることができるようです。

危険をおかして足を滑らせては、この後の散策ができなくなってしまいますね。
 向こう岸
名前が 「千ヶ淵」 だけに淵がメインというところですね^^


追記:この奥に見える滝をご覧になりたい方は ZEISSさんのブログで見ることができます♪


遊歩道沿いの岩場に咲いてた イワタバコ
初めて見る花でした!
 イワタバコ
タマアジサイもあちこちで見ることができました。
蕾が丸々してて開くとアジサイのような花ですが・・・肝心の蕾は撮り忘れ~(^^;
タマアジサイ

なんとも言えない美しい色合いです♪
関連記事
この記事のURL | 自然 | CM(8) | ▲ top
<<自然のマイナスイオン | メイン | 南アルプスの天然水>>
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
コメント
- -

滝めぐりとは乙ですね!
マイナスイオンたっぷりで、GOOD!
涼しげなシリーズが続きそうですね!
尾白川渓谷、以前ハイキングしたことあります。
西沢渓谷よりは運動量があるかな。なんせ、甲斐駒の入り口ですから。
>北沢峠から甲斐駒へ登るのが一般的なルートですね
いえいえ、それは裏口入学。黒戸尾根を登ってこそ甲斐駒に登ったと言えるんです。(時間のないときは北沢峠ですが)


不動滝まで行ったのなら、日向山ラウンドして来ればよかったのに(笑 ビューティフルだよ。
2008/08/04 22:54  | URL | カモシカ #-[ 編集] |  ▲ top

- カモシカさんへ -

>北沢峠から甲斐駒は裏口ですか~(^^;
一度登ってみたい山ですけどね~楽して登りたいので
ラクチンなコースで登りたい素人です^^

今回は滝めぐり!見てるだけなら涼しいですが
ここは細い道のアップダウンがキツカッタ~

>不動滝まで行ったのなら、日向山ラウンドして来ればよかったのに
日向山は展望が良いのですか?
滝めぐりは全く展望がなくて大汗かいて写真撮ってるだけでしたから(^~^;
2008/08/05 07:50  | URL | カルネ>カモシカさん #VhNaT.1s[ 編集] |  ▲ top

- エメラルドグリーン -

綺麗な水ですね~。
滝や沢の水を見てると、ほんと涼しげです。
先週は行く山を間違った様です(苦笑)。
荒島は日焼けに?行ったみたい(汗;)
2008/08/05 07:59  | URL | やまとそば #g6FRH5K2[ 編集] |  ▲ top

- -

見事な色ですね。
無理と知りつつ、左側の滝も見てみたかったですね。

お話読ませていただくと、ほんとに大変。
後も楽しみに拝見させていただきます。
2008/08/05 09:45  | URL | hisamich #-[ 編集] |  ▲ top

- やまとそばさんへ -

天然の湧き水は冷たいですね~
この時間はまだ遊んでる人はいなかったのですが
帰るころには水遊びする家族がたくさんいました!

この時期標高の低い山の登山は汗をかくだけですよね~
ここも水辺だから涼しいかと狙ってたら
水辺以外の登山道は大汗をかいてました(^へ^;
2008/08/05 18:21  | URL | カルネ>やまとそばさん #VhNaT.1s[ 編集] |  ▲ top

- hisamichさんへ -

>無理と知りつつ、左側の滝も見てみたかったですね。
私は向こう側に渡りませんでしたが、
同行したZEISSさんが全貌を撮りましたので期待を!
いつアップするかは???不明です。

車を降りて苦労せず見れる滝もあるのですが
ここは苦労して登ってみる滝
その分、感動も数倍ありました。
その迫力は写真ではお伝えできないものですが・・・。
2008/08/05 18:25  | URL | カルネ>hisamichさん #VhNaT.1s[ 編集] |  ▲ top

- どうも・・・ -

>危険をおかして足を滑らせては、この後の散策・・・
その阿呆なことをやって対岸へ渡った私です(笑)
ちょっと滑って危ない危ない。
いずれ写真はアップしますが、左奥の迫力ある滝は
見事に白飛びしていました(涙)

そうかぁ、こういった撮り方をするのを忘れてたなぁ。
滝ばかり見ていてはいけませんね。
何てったって「千ヶ淵」だから、淵も撮らないと・・・
勉強、勉強!
2008/08/06 00:30  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- ZEISSさんへ -

私も・・・対岸に渡りたい気持ちはありましたよ~!
でも、ここで足を滑らせたら笑い事だけじゃ済まないです。
予備のカメラも持ってなかったので~(笑)

滝の撮影って難しいですね!
実際に目の前で見た迫力をどう表現してよいものやら?
ZEISSさんがどんな撮り方をしたのか早く見たいです~。
勉強、勉強!って私が言うコトバ~(^^;
2008/08/06 18:53  | URL | カルネ>ZEISSさん #-[ 編集] |  ▲ top


| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。